Skip to content

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲ん…

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管内が狭まり、血流が途切れ、酸素や大切な栄養が心筋まで送られず、筋線維そのものが死んでしまう大変深刻な病気です。

チェルノブイリ原子力発電所事故に関する被害者の追跡調査のデータをみると、体の大きな成人に比べて体の小さい子供のほうが拡散した放射能の害をより受容しやすくなっていることがわかっているのです。

陰金田虫(インキンタムシ)は若い男の人に多く見られる傾向があって、大抵は股間の辺りにのみ広がり、運動をしたり、入浴後のように身体が温まった時に強烈な掻痒感を感じます。

下腹部の強い痛みが主訴となる主な疾患には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な病名が聞かれるようです。

体脂肪量(somatic fat volume)には変動がなく、体重が食物の摂取や排尿などによって一時的に増減するようなケースでは、体重が増加したら体脂肪率は低下し、体重が減少すれば体脂肪率が高まることがわかっています。

杉の花粉が飛ぶ時に、小さなお子さんが発熱はみられないのに頻繁にくしゃみをしたり水のような鼻水が止む気配をみせない状況なら、もしかすると『スギ花粉症』の可能性があります。

物を食べる時は、次に食べたいと思った物をなんとなく口へ入れて数十回咀嚼して飲み下して終わりだが、そのあと人体はまことによく動き異物を人体に取り入れるよう励んでいる。

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る位で済みますが、細菌感染から来ている場合は猛烈な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38℃以上の高い発熱が通例です。

四六時中ゴロンと横向きになったままでテレビ画面を見ていたり、頬に頬杖をついたり、ハイヒール等を毎日のように履いたりということは体の均衡を崩してしまう大きな原因になります。

ご高齢の方や慢性的な持病を持っている人は、際立って肺炎を発症しやすくてなかなか治らないと言われているので、予め予防する意識や早め早めの手当が大事です。

一見すると「ストレス」というのは、「無くすもの」「除去すべき」ものと考えがちですが、実を言うと、私たちヒトは日々ストレスを受けているからこそ、生活していくことができています。

悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、普通ならヒトの身体をガンから護る役割を持つ物質を分泌するための型ともいえる遺伝子の異常により起こってしまうと言われています。

必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることや運動は無論、全身の健康や美を目的とし、目当ての栄養を補うために数種類のサプリメントを摂る事がまったく珍しくなくなったようです。

下が90以上の高血圧が長引くと、体中の血管に重い負荷がかかった挙句、体中の様々な血管に障害が発生して、合併症を発症する公算が高まるのです。

現代の病院のオペ室には、御手洗いや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を用意し、オペ中に撮影するためのX線装置を設置しておくか、近距離にX線のための専門室を用意しておくのが通例である。