Skip to content

クスというワードはさほど目新しいものではないが、結…

デトックスというワードはさほど目新しいものではないが、結局のところ「代替医療」や「健康法」の一種として考えており、医師による「治療行為」とはまったく違うということを自覚している人は意外なほど少ないようである。
リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という新しい言葉には、体の機能に損傷を被ってしまった人のリハビリと同様、顔や体の外見に損傷を負ってしまった人が再出発するために修得する能力という意味が含まれているのです。
新陳代謝が乱れがちになると、ありとあらゆる肌の老化現象やトラブルが出現します。ほうれい線などのしわ・濃くなるシミ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のくま・フェイスラインがぼやけるたるみ・ニキビ・肌荒れ・乾燥など、書きだしてみたらキリがありません。
本来、正常なお肌のターンオーバーは4週間毎のサイクルになっており、毎日毎日新しい細胞が作られ、日々刻々と取り去られているのです。これらの「毎日の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しい状態を保持しています。
乾燥肌による掻痒感の要因のほとんどは、歳を取ることに縁る角質の細胞間脂質と皮脂の減少や、固形せっけんなどの過度使用に縁る皮膚のバリア機能の消滅によってもたらされます。
美容とは、顔の化粧、結髪、服飾などの手段で外見を更に美しくするために形作ることをいう。古く江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味のものとして使用されていたらしい。
医学界全体がクオリティ・オブ・ライフを重視する風潮にあり、経済の向上と医療市場の大幅な拡充により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科は現在最も注目されている医療分野なのだ。
夕方でもないのに普段浮腫まないはずの顔や手に酷い浮腫が見られた、十分な睡眠を取っているのに脹脛のむくみが取れない、などの症状は病気が潜伏しているかもしれないので専門医による適切な診察が不可欠です。
よく女性誌や美容の本には、顔が小さくなって肌が美しくなり、ダイエットにも良いし、デトックス効果がある、免疫力アップなど、リンパの流れを良くすれば全てが思い通りになる!という華やかなフレーズが並んでいる。
皮ふの細胞分裂を活性化し、お肌を再生する成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している途中ではほとんど分泌されず、暗くなってからゆっくりと体を休め穏やかな状態で出ます。
昼間なのに、いつもは浮腫まない顔や手に酷いむくみが見られた、よく眠っているのに下肢の浮腫が取れない、といった場合は病気が原因かもしれないので内科医による迅速な治療を早く受けることが重要です。
あなたには、ご自分の内臓は元気だと言える根拠がどれだけあるでしょうか?“全然痩せない”“肌荒れが治りにくい”などの美容にまつわる悩みにも、現に内臓の状況が関わっています!
下まぶたに弛みがある場合、誰でも実際の歳よりもだいぶ上に見られることでしょう。皮膚のたるみは多くありますが、その中でもことさら目の下は目立つエリアです。
日本皮膚科学会の判別基準は、①強いかゆみ、②独特の皮疹とその拡大エリア、③慢性的に反復する経過、3つすべてにチェックが入る疾患を「アトピー性皮ふ炎」と呼ぶ。
残業、飲み会、見逃せない深夜のスポーツ中継・翌日のお弁当作りにご飯の準備…。お肌が荒れるというのを分かっていても、実際の生活ではしっかりと睡眠時間を確保できない人が大半を占めると思います。