Skip to content

シルバー世代の人や慢性的な病気を患っている人などは…

シルバー世代の人や慢性的な病気を患っている人などは、ことさら肺炎を発病しやすく治るのが遅いという傾向があるため、予め予防する意識や迅速な処置が必要になります。

最も大きな内臓である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や糖尿病というような多様な健康障害の合併症を誘発する可能性があることをご存知でしょうか。

メタボであるとは診断されていなくても、内臓の脂肪が蓄積してしまう特性の悪質な肥満症を持っていることに縁り、いろんな生活習慣病を引き起こしやすくなります。

今、若年層で感染症のひとつである結核に対しての免疫を持っていない人々が増加傾向にあることや、自己判断のせいで受診が遅れることに縁る集団・院内感染(アウトブレイク)が増えていると言われています。

スギ花粉症などの症状(水っぱな、鼻詰まり、くしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、それが元凶で慢性の睡眠不足に陥り、翌朝目覚めてからの仕事に悪い影響を及ぼすこともあります。

臓器である前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても密接に関係していて、前立腺に出現したガンも同様に、アンドロゲン(雄性ホルモン)によって大きくなってしまいます。

陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学上は股部白癬と称し、カビの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、お尻などの部位に何らかの理由でうつり、棲みついた感染症のことで即ち水虫のことなのです。

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横臥位でじっとしていても使うエネルギーのことで、その50%以上を体中の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳が占めるというのが今や常識となっています。

軽い捻挫と決め込んでしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで一応固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を済ませたら迅速に整形外科で診察してもらうことが、早く根治させる近道になるのです。

学校・幼稚園などの集団行動をする時に花粉症が要因で他の皆と一緒にはつらつと走り回ることができないのは、患者である子供にとっても寂しい事でしょう。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、四肢が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しい浮腫みなどが一般的で、進行してしまうと、最も重症のケースでは呼吸困難に陥る心不全などを誘引する可能性があるそうです。

胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事内容が欧米化したことに加えてタバコを飲む事・お酒を毎晩飲む事・脂肪過多等のライフスタイルの乱れ、ストレス等によって、今日本人に増加しているという疾患の一種です。

グラスファイバー製のギプスは、大変強くて重くない上に耐久性に優れており、シャワーなどで濡れても破損しないというメリットがあるため、現在用いられるギプスの中でも王道だと言えるでしょう。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常により引き起こされる発疹で、皮脂の分泌が乱れる素因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の崩れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの欠乏等が挙げられます。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを支える働きで広く知られており、血中のカルシウムの濃度を調整して、筋繊維の機能を適切に操ったり、骨を生成したりしてくれます