Skip to content

チェルノブイリ原子力発電所事故の後追い調査の結果で…

チェルノブイリ原子力発電所事故の後追い調査の結果では、成人と比較して子供のほうが漏れてしまった放射能の深刻なダメージを受容しやすくなっていることが理解できます。

痩せたいためにカロリー摂取を控える、ほとんど食べない、こんな食生活を続けると結果的に栄養をも不足させ、深刻な冷え性を招くことは、多くの医療従事者が危惧されていることです。

高齢化が原因の難聴においては時間をかけて聴力が落ちるものの、通常は60歳を超えてからでないと耳の悪さをなかなか自認できないものです。

天然の化学物質、フィトケミカルの仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓から分泌されている解毒酵素の自然な創造活動を助けているのではないかという新たな真実が見えてきたのです。

自転車事故や建築現場での転落など、かなり大きな外力が身体にかかった場合は、複数の地点に骨折が起こってしまったり、開放骨折になってしまったり、更には内臓が損傷してしまうこともままあります。

抗酸菌の結核菌は、菌に感染した人が咳き込むことによって空中に散り、空気中にふわふわ移動しているのを今度は別の人が呼吸の際に吸い込むことでどんどん感染します。

前触れもなく発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・腹下しの症状がみられる位で済みますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢の他に38度以上の高熱も出るのが相違点だといえます。

折り目正しい穏やかな暮らし、腹八分目の実行、程よい運動等、古典的とも言える体への取り組みが皮膚の老化防止にも関わっているということです。

素人判断では骨が折れているのかどうか分からない時は、怪我をしてしまった地点の骨をゆっくり触ってみて、その箇所に激しい痛みを感じたら骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収されるのを促す性質で有名で、血中のCa濃度を調整して、筋肉の活動を適切に調節したり、骨を作ったりしてくれます。

なんとなく「ストレス」は、「無くすべき」「取り去らなければいけない」ものとされていますが、実際は、私達は多少のストレスを経験しているからこそ、生活していくことが可能になります。

季節病ともいわれる花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツなどの大量の花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を呈する病気として広く認識されています。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染によって引き起こされるウイルス感染症の病名であり、免疫不全となり健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や癌などを発症する病状そのものの事を指し示します。

クシャミや鼻水、鼻詰まりや目の痒み・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の主な症状は、アレルギーを誘発する花粉の放出される量に追従するように深刻化する特性があるということです。

杉の木の花粉が飛散する春に、お子さんたちが発熱はみられないのにしょっちゅうくしゃみをしたり水っぱなが止まない症状に当てはまったら、もしかしたら杉花粉症の恐れがあります。