Skip to content

下腹部の疝痛の元凶となる疾患には、虫垂炎と混同しや…

下腹部の疝痛の元凶となる疾患には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、女性特有の疾患など、色々な病名が挙がるようです。

めまいは出ないのに、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の症状だけを数回発症するケースを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」という場合もあることは意外と知られていません。

汗疱(かんぽう)は主に手のひらや足の裏、指の隙間などにプツプツとした水疱が出る症状で、世間一般ではあせもと言われており、足の裏に現れると足水虫と早とちりされることもあります。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても症状が発生することがあるため深刻な病ではないにせよ、発作が数回に渡って続いて起きる場合は危険な状態です。

肝臓をいつまでも健康に保つには、肝臓の有害物質を分解する力が低くならないようにする、要するに肝臓のアンチエイジング対処法を開始することが必要でしょう。

クシャミや鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルゲンである花粉の飛んでいる量に追従しているかのように悪くなってしまうというデータがあるのです。

日本における結核対策は、長年、昭和26年に生まれた「結核予防法」に準じて進行されてきましたが、2007年から他の数多ある感染症と同様に「感染症法」という名の法律に基づいて遂行されることとなりました。

アルコールをクラッキングする働きがあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに極めて有効です。苦しい二日酔いの大元だといわれているエタナールという化学物質の分解にも力を発揮しています。

筋緊張性頭痛とはPC使用などによる肩こり、首の凝り、張りが素因の肩こり頭痛で、「まるで締め付けられるような強烈な痛さ」「重いような痛さ」と言い表されています。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科処置では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈バイパス手術」の2種の手術が標準的に実施されています。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最もよくある中耳炎で乳幼児によくみられます。激しい耳の痛みや38℃以上の熱、鼓膜の炎症、膿が流れる耳漏などが出ます。

花粉症の緒症状(鼻水、鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜間よく睡眠を取れないと、それが誘因で睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからのすべての活動に良くないダメージを与えることもあります。

万が一血液検査で現時点でのエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が少なくて早期閉経(premature menopause)だと分かったら、不足分の女性ホルモンを足してあげる治療等で治せます。

普通は水虫といえば足を連想し、中でも足の裏に発症する皮膚病だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染するのは決して足だけではなく、全身どの部位にもかかる危険性があります。

日々の規則正しい暮らし、腹八分目の徹底、軽い運動や体操等、古臭いとも言える身体に対する考え方が肌のアンチエイジングにも関係しているのです。