Skip to content

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年採用されて…

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに代わって、任意接種ではなく定期接種となるため、集団接種ではなく小児科などで接種するというスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルになりますのでご注意ください。

杉の花粉が飛ぶ季節に、幼い子どもが体温はいつもと変わらないのに頻繁にくしゃみをしたり水っ洟が出続ける症状に当てはまったら、もしかすると杉花粉症の恐れがあります。

高血圧の状態が長い間続くと、身体中の血管に大きな負荷がかかった結果、頭から足まで色々な場所の血管にトラブルが発生して、合併症になってしまう割合が高まると言われています。

平成17年より新たにトクホ(特保)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の文章の表示が義務となっている。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最もかかりやすい中耳炎で子どもによくみられる病気です。猛烈な耳痛や38℃台の発熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などたくさんの症状が現れるのです。

肥満(obesity)の状態というのは無論栄養バランスや食生活の質、運動不足が要因ですが、一緒の量の食事であれ、慌てて食べ終わる早食いを日常化することで肥満(obesity)の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。

薄暗い所だと光量が足りなくて見えにくくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに不必要な力が使用され、結果的に明るい場所でものを見るより疲れやすいです。

メタボリック症候群とは断言されていなくても、臓器の脂肪が付いてしまう種類の悪質な体重過多になるということで、辛い生活習慣病を引き起こしやすくなります。

20歳代、30歳代で更年期が来たとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という病を指します(我が国では40歳以下の比較的若い女性が閉経してしまう症状のことを「早期閉経」と定義します)。

トコトリエノールの機能としては酸化を遅らせる働きがもっとも認識されていると思いますが、加えて肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが確認されています。

不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも症状が現れることがあるためさほど珍しいトラブルではないのですが、例外として発作が続けて起こる時は危険なのです。

体脂肪の量には変化が見られないのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿等によって一時的に増減するような時、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が上がることがわかっています。

はりを患部に刺してもらう、という物的な程よい刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号伝達を誘発すると言われています。

老化による耳の遠さは緩やかに聴力が低くなりますが、普通60歳を超えないと耳の衰えをなかなか自覚できないのです。

学校や幼稚園などの大規模な団体生活に於いて、花粉症の症状のせいで他のみんなと等しく楽しく運動ができないのは、患者本人にとっても寂しい事でしょう。