Skip to content

冠動脈の異常である狭心症(angina pecto…

冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大体「大動脈内バルーンパンピング」と「冠動脈大動脈バイパス手術」の2つの手術の方法が高い頻度で導入されています。

チェルノブイリ原発の爆発事故の被害者の後追い調査のデータでは、成人と比較して体の小さい子供のほうが風に流されてきた放射能の有害な影響を受容しやすいことが見て取れます。

70代以上の高齢者や慢性的な病気を持っている人は、際立って肺炎に弱くなかなか治らないという特徴があるため、予防策の徹底や早め早めの手当が重要だといえます。

大体は水虫といえば足を連想し、ことさら足指の間に現れる病気だと勘違いされやすいのですが、白癬菌が感染する所は足に限定されているわけではなく、全身いたる所に感染するという危険性があります。

バイ菌やウィルスなど病気を生む微生物、即ち病原体が口から肺に忍び入って発症してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を呈示した境遇を「肺炎」と総称しているのです。

常在細菌であるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が存在します。

骨折して大量出血した時に、低血圧になって眩冒や冷や汗、吐き気、意識喪失などのいろんな脳貧血の症状が引き起こされるケースもあります。

ダイエットしたいがために1日の総カロリーを抑制する、1人前を食べない、そのような生活を続けるとひいては栄養をも不足させ、深刻な四肢の冷えを招くことは、多くの医療関係者が問題視されていることなのです。

汗疱状湿疹は主に掌や足裏、又は指の間などにプツプツとした細かな水疱ができる疾患で、基本的には汗疹(あせも)と言われ、足の裏に出てくると足水虫と混同されることもあります。

赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに替わり、2012年9月1日以降は原則無料で接種できる定期接種になり、小児科などの医療機関で個々に接種する

下腹の疝痛をよく起こす主な病気には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な病名が聞かれます。

抗酸菌のひとつである結核菌は、人間がゴホゴホと「咳」をすることで空中に排出され、空中でふわふわとしているのを別の人が呼吸の際に吸い込むことでどんどん拡がっていきます。

トコトリエノールの作用は抗酸化効果が最も認知されてはいますが、それ以外にも肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりするというようなことが知られています。

毎日の規則正しい、穏やかな生活の維持、腹八分目の実践、持続可能な体操等、古臭いとも思える身体への取り組みが老化対策にも役立つのです。

「時間がない」「手間のかかる付き合いがすごく嫌だ」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進歩に付いていくのに必死だ」など、ストレスが溜まってしまうシーンは人によって違います。