Skip to content

環状紅斑は環状、所謂輪っかのようなまるい形状をした…

環状紅斑は環状、所謂輪っかのようなまるい形状をした赤っぽい発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚症状の総合的な病名で、その病因は余りにも多種多彩だということができます。

気分障害のうつ病というのは副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足することにより、強い憂うつ感、不眠強い疲労感、食欲低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの深刻な症状が現れるのです。

ポリフェノール最大の特性は水溶性のV.C.やトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞間の水溶性部分や脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を遅れさせる作用を持っているのです。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖分、細胞の生まれ変わりに欠かせないタンパク質など、激しいダイエットではこの2つに代表される体を維持するために必ず要る栄養素までもを減少させてしまう。

内臓脂肪症候群であるとは断言されていなかったとしても、内臓の脂肪が多く蓄積してしまう手合いの悪質な体重過多を持つということで、いろんな生活習慣病を発症しやすくなります。

脳内の5-HT神経は、自律神経を整えたり痛みの制圧、あらゆる覚醒などを操作していて、大鬱病に罹患している人では機能が鈍くなってることが分かっている。

子どもの耳管は、大人に比べて幅が広くて短い形で、尚且つ水平に近いため、様々なばい菌が侵入しやすくなっています。大人よりも子どもの方がよく急性中耳炎を発症するのは、これが関わっています。

下が90以上の高血圧が継続すると、体中の血管に大きなダメージが与えられ、身体中のあちこちの血管にトラブルが起こって、合併症を招いてしまう公算が大きくなります。

陰金田虫(いんきんたむし)とは、正式には股部白癬と称されている、白癬菌というかびが股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部分に感染し、寄生する病気の事で俗に言う水虫のことなのです。

現在、若年層で結核菌(けっかくきん)に抗する免疫、すなわち抵抗力を持っていない人々の割合が高くなっていることや、受診の遅れが誘因の集団院内感染(アウトブレイク)が多くなっています。

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛んでいる量に追従するように深刻になるというデータがあると知られています。

トコトリエノールの作用の中では酸化を遅らせる働きが殊更知られていると思いますが、その他に美肌作用や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが確認されています。

めまいは無いのに、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴を幾度も繰り返すパターンを「蝸牛型メヌエル病」という名前で呼ぶケースがあるということはあまり知られていません。

道路交通事故や高い所からの落下など、とても強い外力が体にかかった場合は、複数の場所に骨折が起こってしまったり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、酷い場合は内臓が破裂してしまうこともあり得ます。

学校のような団体行動をする際に、花粉症の症状の為にクラスメイトと同時にエネルギッシュに走り回れないのは、患者本人にとっても辛い事でしょう。