Skip to content

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、要は…

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、要は輪っかのような円い形状をした赤い色の湿疹など皮膚の病気の総合的な病名であり、病因は非常に多種多様ということで知られています。

欧米諸国おいては、新しく開発された薬の特許が満了してから約1ヶ月後、市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に取って代わるという薬品もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は地球上で採用されているのです。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、代わって、2012年9月1日以降はとなるので、接種するという個別接種の形に変わりましたのでご注意ください。

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と一方は毒素が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けられるのです。

塩分や脂肪分の大量摂取を控えて手ごろな運動を心がけるだけでなく、ストレスのかかり過ぎない毎日を続けることが狭心症を招く動脈硬化を予め防ぐ方法なのです。

季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、現在までの研究の結果、予防接種の効果が見込まれるのは、ワクチンを注射した約2週後からおよそ150日程だろうと考えられているようです。

現在、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗う力を保有していない人々が増加していることや、早合点のために受診が遅れることが主因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増加しているようです。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、5日前後ちゃんと服薬すれば、大抵、8割~9割の患者さんの自覚症状は消えますが、食道の粘膜の腫れや炎症が治癒したとは言い切れないので気を付けましょう。

内臓脂肪が多いことによる肥満が確認された上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2項目以上当て嵌まる状態のことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)というのです。

亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に働く色々な酵素や、細胞や組織の代謝機能に関わる酵素など、200種類以上もある酵素を構築する成分として絶対なくてはならないミネラルだといわれています。

いんきんたむしという病気は比較的若い男性に多く確認されており、ほぼ股間の辺りだけに拡大し、走ったり、お風呂から上がった後など全身が温まると強い痒みがあります。

お薬、アルコール、化学的な食品への添加物などを酵素によって分解して無毒化する働きを解毒と呼んでおり、多機能な肝臓が担っている大切な任務の一つであることは間違いありません。

気分障害の一種であるうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りず、不眠、気分の落ち込み、強い倦怠感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の様々な症状が心身に現れるのです。

耳鳴りは2種類に大別され、本人しか感じないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように本人だけでなく他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使用すると感じることができると言われる「他覚的耳鳴り」があるそうです。

腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝という病気は、肝硬変等々多種多様なトラブルを誘発する恐れがあるのです。