Skip to content

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も患者数…

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も患者数の多い中耳炎で子どもによく起こる病気です。耳の痛みや38℃以上の発熱、酷い鼓膜の炎症、耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状がみられます。

食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はグラム陽性球菌であり、毒の非常に強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と一方は毒素がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種があるのです。

ちょっとした捻挫と自己判断し、包帯やテーピングなどで動かないように患部を固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を済ませてから少しでも早く整形外科を訪れることが、結局は完治への近道になるのです。

汗疱状湿疹(汗疱)とは主に掌や足の裏、指の隙間などに細かい水疱ができる皮膚病で、基本的にはあせもと呼び、足裏に出現すると水虫と勘違いされることもあります。

黴菌やウィルスなどの病気を生む微生物、即ち病原体が肺の中へ侵入し罹患してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を見せていることを「肺炎」と称しています。

ブラッシングなどで、入居者が犬のことをとても愛おしいと思うことによってオキトキシンが分泌されれば、ストレスの低減やヒーリングなどに繋がっていくのです。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて煙草・お酒・肥満といった生活習慣が変化したこと、ストレス等によって、ここ数年日本人に多く発生している疾患なのです。

30~39才までの間に更年期になるとしたら、医学的には「早発閉経(POF)」という疾患に当てはまります(この国では40歳以下の比較的若い女性が閉経してしまうケースを「早期閉経」と称します)。

ハーバード大学医学校の調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して毎日2~3カップのカフェインレスのコーヒーに変えれば、直腸ガン発症率を半分以上も減少させることができたとのことだ。

脚気の症状としては、両手両足が何も感じなくなったり下肢の著しいむくみなどが一般的で、発症から時間が経つと、最も重症のケースでは心不全を呼び込む可能性があるようです。

栄養バランスの優れた食生活や適度な運動はもちろんですが、心身両面の健康や美容を目的とし、欲しい栄養を補うために様々な種類のサプリメントを服用する事が一般的なものになってきていると言われています。

ダイエットに没頭するあまりカロリーを抑える、ほとんど食べない、こうした暮らし方が結果的に必要な栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を誘引していることは、多くの医師が言われているのです。

PCモニターの青っぽい光を抑える効果のあるPC専用の眼鏡が現在人気を博している訳は、疲れ目の改善に大勢の方が苦労しているからだといえます。

トコトリエノールの作用は抗酸化機能が格段に有名だと思いますが、加えて美肌作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりするということが認められています。

環状紅斑というのは輪状、要は円い形状をした真紅色の湿疹など皮ふ疾患の総称であり、その誘因は本当に多種多彩なのです。