Skip to content

細菌やウィルスなど病気を齎す病原体(病原微生物)が…

細菌やウィルスなど病気を齎す病原体(病原微生物)が肺の中に進入し発症してしまい、肺全体が炎症反応を起こしている容態を「肺炎」と呼んでいるのです。

脳の活性化するのにはホスファチジルセリンが効果的です。脳内の神経伝達を活発にします。やる気・集中力・記憶力の低下に悩んでいるならうってつけです。ただし、ホスファチジルセリンは普段の食生活では摂取できません。必要量を補うには、ホスファチジルセリン サプリの一択になります。100mg-200mg毎日PSを摂取すると効果が現れ始めまっす。
V.B6には、様々なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源の利用に必要な回路へ入れるためになお一層細分化させるのを補助する働きもあるのです。

春に患者が増える花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの木や草の花粉がアレルゲンとなって、クシャミ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を招く病気だといえます。

下腹の疝痛をもたらす主な病には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の病気などの病名が挙がります。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の極めて強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けることができます。

耳の中の構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分類できますが、中耳の部分に細菌やウィルスが付着して炎症が誘発されたり、体液が溜まる病気が中耳炎なのです。

筋緊張性頭痛は肩凝りや首筋のこりが誘因の肩こり頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような頭痛」「ズシッと重苦しいような頭痛」と言い表されます。

吐血と喀血は血を吐くことですが、喀血というものは喉から肺を通っている気道(呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血というのは無腸間膜小腸より上部の消化管から出血する症状を表しているのです。

規則正しい穏やかな暮らしの保持、腹八分目を忘れないこと、無理のないスポーツ等、古臭いとも言える自分の健康への留意が老化対策にも活用されるといえます。

お年寄りや慢性的な疾患を患っている人は、目立って肺炎に弱く治りにくいという傾向が見られるため、常日頃の予防や早めの受診が大切なのです。

食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、人間関係などのストレス、加齢といった多様な因子が混ざると、インスリン分泌が衰えたり、機能が低下したりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患することになります。

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪の占めている割合のことを言い、「体脂肪率=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって算出することができます。

肝臓を健やかな状態に維持するには、肝臓の毒素を分解する力が衰えないようにする、言い換えると、肝臓のアンチエイジング対処法をおこなうことが有効です。

いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の比較的若い男の人に多い傾向があって、大方股間の周辺だけに拡大し、激しく身体を動かしたり、風呂に入った後など身体が熱くなると猛烈な掻痒感を感じます。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、4日前後きちんと薬を飲めば、押しなべて8割~9割の人の自覚症状は去りますが、さりとて食道粘膜の腫れや炎症が快癒したとは断言できないので注意が必要です。