Skip to content

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森林の杉や檜、ブタク…

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森林の杉や檜、ブタクサなどの様々な植物の花粉が誘因となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状をもたらす病気だと広く知られています。

「とにかく忙しい」「わずらわしい人との付き合いが嫌」「あらゆる技術やインフォメーションのハイレベルな進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを受けるシーンは一人一人異なります。

日常的に横向きになったままTVを見つめていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、踵の高い靴等をよく履いたりといった習慣は肉体のバランスを悪くしてしまう大きな誘因になります。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、普通なら人の体を癌から保護する役割を持つ物質を作るための型ともいえる遺伝子の異常が原因でかかってしまうとのことです

折り目正しい日常生活の維持、腹八分目を忘れないこと、無理のない運動や体操など、古臭いとも言える体についてのおこないが肌のアンチエイジングにも関わっているということです。

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一種のスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の物質について、肝臓に存在している解毒酵素のスムーズな創造を促進しているのではないかという新たな事実が判明してきたのです。

AIDSはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染によって生じるウイルス感染症であり、免疫不全を引き起こして健康体では感染しにくい日和見感染や悪性新生物等を複数併発する症候群の事を称しているのです。

ポリフェノール最大の長所は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が違い、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を予防する作用をいかんなく発揮します。

高血圧(hypertension)が長引くと、体中の血管に強い負荷がかかった結果、頭の先から足の先まであちらこちらの血管にトラブルが生じて、合併症を誘引する可能性が高くなるのです。

外から観察しただけでは折ったのかどうか分からない場合は、ケガをしてしまった箇所の骨を優しく突いてみて、その部位に激しい痛みが走れば恐らく骨折だと思われます。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等3つの値で診ることができますが、特にここ数年肝臓の機能が低下している日本人の数が徐々に増加しているそうです。

体脂肪の量(somatic fat volume)にさして変動がなく、体重が食物・飲料の摂取や排尿などにより一時的に増減するような時には、体重が増加したら体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少すれば体脂肪率が高まります。

脳卒中のくも膜下出血(SAH)はその8割以上が脳動脈りゅうと呼ばれる脳の血管にできた不要な瘤(こぶ)が破裂して出血することが理由となって発症する命にかかわる病気として知られるようになりました。

杉花粉症などの緒症状(鼻水、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが要因で睡眠不足に陥り、次の日起床してからの仕事に芳しくないダメージを与えるかもしれません。

バイキンやウィルスなど病気をもたらす病原体が呼吸とともに肺の中へ忍び入って発症してしまい、片方もしくは両方の肺が炎症反応を起こしている病状を「肺炎」と総称しているのです。