Skip to content

HIV(human immunodeficienc…

HIV(human immunodeficiency virus)を有する血液や精液の他、女性の母乳や腟分泌液といった類の体液が、交渉相手等の傷口や粘膜部分等に触れることにより、感染のリスクが出てくるのです。

メタボリックシンドロームであるとは診断されなかったとしても、内臓に脂肪が付着しやすい型の悪質な体重過多を抱えてしまう事に縁り、命にかかわるような生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

流感、即ちインフルエンザに適している予防法や病院での治療を含めた必須とされる対策そのものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでも変わらないのです。

抗酸菌の結核菌は、感染している人が「せき」をすることによって室内や外気に振りまかれ、空中でフワフワと飛んでいるのを別の誰かが呼吸しながら吸い込むことによって次々に感染していくのです。

もしも検査でやはり卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも少なく早期閉経(premature menopause)だと分かったら、不足している分の女性ホルモンを補てんする手当などで緩和することができます。

BMI(体重指数を計算する式はどこの国でも共通ですが、数値の位置づけは各国少しずつ違っていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI22を標準、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満は低体重と決めています。

パソコンモニターの光のちらつきを抑えるレンズの付いた専用眼鏡がすごく人気をはくしている要因は、疲れ目の消失にたくさんの方が苦労しているからです。

我が国における結核対策は、昭和26年にできた「結核予防法」に準じて推進されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは違う感染症とまとめて「感染症予防法」という法律に準拠して実行される運びとなったのです。

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの飛散するタイプの花粉が素因となって、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどのアレルギーを示す病気だということは、今や常識となりました。

薄暗い所だと光量不足によってものが見づらくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、レンズのピントを合わせるのに多くの力が消費され、光の入る所でモノを見るよりも疲労が大きいと言えます。

20才代、30才代で更年期が訪れるとすれば、医学的な用語で表すとPOFという病気のことを指します(我が国の場合は40才未満の女の人が閉経する症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と言います)。

男性だけにある内臓の前立腺はその生育や活動に雄性ホルモンが大きく関係しており、前立腺に発生した癌も同じように、アンドロゲン(男性ホルモン)の作用を受けて大きく成長します。

AEDというのは医療資格を有していない方でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順に従って動くことで、心臓の心室細動に対する緊急処置の効き目を実現します。

UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるためオゾン層で一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を損壊するなど、皮膚にとって悪い影響を与えるのです。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒の強大な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒力があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が挙げられます。